3932 株式会社アカツキ(カブシキガイシャアカツキ)

基本情報 (Basic information)

証券コード 3932
会社名 株式会社アカツキ
会社名(英字)
会社名(ヨミ) カブシキガイシャアカツキ
所在地 品川区上大崎二丁目13番30号
業種 情報・通信業
者法人番号 2011001065541
連結の有無
資本金(百万円) 2719
決算日 3月31日
上場区分 上場

業績 (Business result)

売上高 (Net sales)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 29,415,000,000 32,048,000,000
2019 26,844,000,000 28,130,000,000
2018 21,832,900,000 21,926,600,000
2017 11,490,200,000 11,547,700,000
2016 5,954,590,000 5,954,590,000

経常利益 (Ordinary profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 9,891,000,000 10,779,000,000
2019 12,906,000,000 13,502,000,000
2018 10,981,400,000 10,475,900,000
2017 4,788,000,000 4,601,500,000
2016 2,126,490,000 1,974,020,000

当期純利益 (Profit (loss) attributable to owners of parent)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 6,620,000,000
2019 7,858,000,000
2018 6,084,100,000
2017 3,291,800,000
2016 1,112,450,000

当期純利益 (Profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 6,605,000,000
2019 7,707,000,000
2018 5,828,320,000
2017 3,433,530,000
2016 1,179,300,000

包括利益 (Comprehensive income)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 6,619,000,000
2019 7,861,000,000
2018 6,072,520,000
2017 3,265,360,000
2016 1,101,860,000

純資産額 (Net assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 30,027,000,000 30,223,000,000
2019 23,577,000,000 23,757,000,000
2018 16,641,400,000 16,736,300,000
2017 10,739,100,000 10,524,900,000
2016 7,381,890,000 7,302,200,000

総資産額 (Total assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 41,602,000,000 42,367,000,000
2019 37,011,000,000 37,843,000,000
2018 28,333,200,000 28,467,500,000
2017 16,451,500,000 16,260,000,000
2016 9,202,400,000 9,136,340,000

現金及び現金同等物の残高 (Cash and cash equivalents)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 23,204,000,000
2019 21,176,000,000
2018 19,746,700,000
2017 10,962,700,000
2016 6,353,010,000

自己資本比率 (Equity-to-asset ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.721 0.713
2019 0.636 0.627
2018 0.586 0.587
2017 0.653 0.647
2016 0.802 0.799

資本金 (Share capital)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 2,756,000,000
2019 2,743,000,000
2018 2,732,920,000
2017 2,719,170,000
2016 2,706,560,000

発行済株式総数 (Total number of issued shares)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 13,902,600
2018 13,837,400
2017 13,601,700
2016 13,531,700

従業員数 (Number of employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 245 439
2019 213 390
2018 183 314
2017 119 216
2016 64 130

平均臨時雇用人員 (Average number of temporary employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 148 819
2019 126 478
2018 142 154
2017 90 100
2016 55 58

営業活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) operating activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 7,271,000,000
2019 7,819,000,000
2018 7,933,400,000
2017 3,895,250,000
2016 775,011,000

投資活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) investing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -4,629,000,000
2019 -7,378,000,000
2018 -2,480,430,000
2017 -1,786,770,000
2016 -789,916,000

財務活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) financing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -612,000,000
2019 772,000,000
2018 3,335,220,000
2017 2,503,700,000
2016 4,318,060,000

株価収益率(PER) (Price-earnings ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 7.61 7.59
2019 11.42 11.2
2018 11.84 11.34
2017 18.46 19.25
2016 32.3 34.24

自己資本利益率(ROE) (Rate of return on equity)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.247 0.246
2019 0.384 0.389
2018 0.426 0.447
2017 0.379 0.369
2016 0.247 0.235

配当性向 (Payout ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.063
2019 0.09

1株当たり中間配当額 (Interim dividend paid per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 40

1株当たり配当額 (Dividend paid per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 30
2019 50

1株当たり当期純利益 (Basic earnings (loss) per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 475.23 476.29
2019 556.77 567.67
2018 426.52 445.24
2017 253.57 243.11
2016 103.73 97.85

1株当たり当期純利益(希薄化後) (Diluted earnings per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 452.79 453.8
2019 529.18 539.54
2018 398.16 415.64
2017 236.44 226.68
2016 103.37 97.51

1株当たり純資産額 (Net assets per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 2,152.51 2,166.58
2019 1,698.54 1,711.54
2018 1,202.28 1,209.15
2017 790.85 775.07
2016 545.17 539.28

大株主 (Major shareholders)

2020

保有数 保有率 名前 住所
2,680,000 0.1918 塩田 元規 東京都港区
2,200,000 0.1574 株式会社サンクピア 東京都品川区上大崎二丁目13番30号
1,475,000 0.1055 香田 哲朗 東京都渋谷区
1,100,000 0.0787 株式会社Owl Age 東京都品川区上大崎二丁目13番30号
349,000 0.025 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 東京都港区浜松町二丁目11番3号
256,400 0.0183 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海一丁目8番11号
244,700 0.0175

THE BANK OF NEWYORK MELLON 140051

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

240 GREENWICH STREET,NEW YORK,NY 10286,U.S.A.

(東京都港区港南二丁目15番1号)

209,800 0.015

BBH BOSTON CUSTODIAN FOR JAPAN VALUE EQUITY CONCENTRATED FUND A SERIES OF 620135

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

HARBOUR PLACE, 103 SOUTH CHURCH STREET, GEORGE TOWN GRAND CAYMAN CAYMAN ISLANDS

(東京都港区港南二丁目15番1号)

191,100 0.0137 資産管理サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海一丁目8番12号
176,463 0.0126

STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY505001

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

P.O.BOX 351 BOSTON MASSACHUSETTS 02101 U.S.A.

(東京都港区港南二丁目15番1号)

2019

保有数 保有率 名前 住所
2,780,000 0.2 塩田 元規 東京都港区
2,200,000 0.1582 株式会社サンクピア 東京都品川区上大崎2丁目13番30号
1,605,000 0.1154 香田 哲朗 東京都渋谷区
1,100,000 0.0791 株式会社Owl Age 東京都品川区上大崎2丁目13番30号
508,113 0.0365

BNYM SA/NV FOR BNYM FOR BNYM GCM CLIENT ACCTS MILM FE

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

2 KING EDWARD STREET,LONDON EC1A 1HQ UNITED KINGDOM

(東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)

263,800 0.019 資産管理サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海1丁目8番12号
244,400 0.0176 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 東京都港区浜松町2丁目11番3号
200,800 0.0144 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海1丁目8番11号
195,900 0.0141

J.P.MORGAN BANK LUXEMBOURG S.A.1300000

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

EUROPEAN BANK AND BUSINESS CENTER 6,ROUTE DE TREVES,L-2633 SENNINGERBERG,LUXEMBOURG

(東京都港区港南2丁目15番1号)

186,300 0.0134 グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合 東京都千代田区二番町5番1号

2018

保有数 保有率 名前 住所
2,780,000 0.2009 塩田 元規 東京都港区
2,200,000 0.159 株式会社サンクピア 東京都品川区上大崎2丁目13番30号
1,605,000 0.116 香田 哲朗 東京都渋谷区
1,100,000 0.0795 株式会社Owl Age 東京都品川区上大崎2丁目13番30号
188,200 0.0136 資産管理サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海1丁目8番12号
186,300 0.0135 グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合 東京都千代田区二番町5番1号
149,836 0.0108

BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG (FE-AC)

(常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UNITED KINGDOM

(東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)

139,695 0.0101

CHASE MANHATTAN BANK GTS CLIENTS ACCOUNT ESCROW

(常任代理人 株式会社みずほ銀行)

5TH FLOOR,TRINITY TOWER 9,THOMAS MORE STREET LONDON,E1W 1YT, UNITED KINGDOM

(東京都港区港南2丁目15番1号)

135,500 0.0098 株式会社リンクアンドモチベーション 東京都中央区銀座6丁目10番1号
130,317 0.0094

MSIP CLIENT SECURITIES

(常任代理人 モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社)

25 CABOT SQUARE,CANARY WHARF,LONDON E14 4QA, U.K.

(東京都千代田区大手町1丁目9番7号)

2017

保有数 保有率 名前 住所
3,470,000 0.2551 塩田 元規 東京都港区
2,200,000 0.1617 株式会社サンクピア 東京都品川区上大崎2丁目13番30号
1,530,000 0.1125 香田 哲朗 東京都渋谷区
1,100,000 0.0809 株式会社Owl Age 東京都品川区上大崎2丁目13番30号
352,200 0.0259 グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合 東京都千代田区二番町5番1号
274,800 0.0202 資産管理サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海1丁目8番12号
211,400 0.0155

Globis Fund IV,L.P.

(常任代理人 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ)

PO BOX 10877, #10 CAYMAN CENTRE DORCY DRIVE, GEORGE TOWN, GRAND CAYMAN, CAYMAN ISLAND

(東京都千代田区二番町5番1号)

175,100 0.0129 株式会社SBI証券 東京都港区六本木1丁目6番1号
135,500 0.01 株式会社リンクアンドモチベーション 東京都中央区銀座3丁目7番3号
127,500 0.0094

STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 505012

(常任代理人 香港上海銀行東京支店 カストディ業務部)

ONE LINCOLN STREET, BOSTON MA USA 02111

(東京都中央区日本橋3丁目11番1号)

2016

保有数 保有率 名前 住所
3,950,000 0.2919 塩田 元規 東京都目黒区
2,200,000 0.1626 株式会社サンクピア 東京都目黒区上目黒一丁目1番5号
1,650,000 0.1219 香田 哲朗 東京都渋谷区
1,100,000 0.0813 株式会社Owl Age 東京都目黒区上目黒一丁目1番5号
511,500 0.0378 グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合 東京都千代田区二番町5番1号
454,500 0.0336 株式会社リンクアンドモチベーション 東京都中央区銀座三丁目7番3号
323,200 0.0239 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海一丁目8番11号
306,600 0.0227

グロービス・ファンド・フォー エルピー

(常任代理人 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ))

PO BOX 10877,#10 CAYMAN CENTRE DORCY DRIVE,GEORGE TOWN,GRAND CAYMAN,CAYMAN ISLANDS

( 東京都千代田区二番町5番1号)

199,400 0.0147 資産管理サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海一丁目8番12号
178,300 0.0132 株式会社SBI証券 東京都港区六本木一丁目6番1号

事業内容 (Description of business)


3【事業の内容】
当社グループは、当社、連結子会社4社(Akatsuki Taiwan Inc.・株式会社そとあそび・株式会社アカツキライブエンターテインメント・株式会社アカツキ福岡)、持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社17社(Akatsuki Entertainment USA, Inc.他16社)の合計22社により構成されております。
当社グループは、社会ビジョンを「A Heart Driven World.」、ミッションを「Make The World Colorful.」と掲げており、心がワクワクする活動がみんなの幸せの原動力となる世界を目指し、夜明けに差す光のように、この世界をカラフルで輝く場所へと変えていくことが使命と考えております。
当社グループは、“楽しい”の先にある「感情と心が動く体験」を提供するため、人の感情と心を動かすエンターテインメント領域において、モバイルゲーム事業及びLX事業を行っております。
なお、当社グループは、全セグメントに占める「モバイルゲーム事業」の割合が高く、開示情報としての重要性が乏しいことから、セグメントごとに区分せずモバイルゲーム事業のみを記載しております。

(1) モバイルゲーム事業について
当社グループは、国内SNS運営事業者が提供するプラットフォーム(注1)やApple Inc.及びGoogle Inc.などのプラットフォーム運営事業者が運営する各アプリマーケットにおいて、モバイルゲームを提供するモバイルゲーム事業を行っております。
モバイルゲームは、これまでの家庭用ゲーム専用機のタイトルとは異なり、ユーザーが気軽に楽しめるゲームであり、月額基本料無料、一部アイテム課金制(注2)を採用するタイトルが主流となっており、当社グループが提供しているモバイルゲームにつきましても同様の仕組みでサービスを提供しております。また、モバイルゲームの開発においては、「オリジナルタイトル」の制作だけではなく、アニメや漫画等の、ユーザー認知度の高いキャラクター等のIP(注3)を有する他社(IP使用会社)との協業により、IPを利用したモバイルゲーム(以下、「他社IP利用タイトル」という。)の制作を行っております。
(注)1.モバイルゲーム等を提供する際の土台・基盤として利用されるSNSのこと
2.無料で入手することが可能であるアイテムやカード等をゲームを有利に進めるために有料で提供すること
3.Intellectual Property:著作権等の知的財産権

① オリジナルタイトルの制作
当社配信のオリジナルタイトルにつきましては、企画、開発、運用及びマーケティングまでのモバイルゲームを提供する一連の過程を自社で実施しております。当連結会計年度末現在、当社グループの主要なタイトルである「八月のシンデレラナイン」を含め、オリジナルタイトルは合計で3タイトルをユーザーへ提供しております。

② 他社IP利用タイトルの制作
当社配信の他社IP利用タイトルにつきましては、企画、開発、運用及びマーケティングまでのモバイルゲームを提供する一連の過程を自社又は他社との共同事業で実施しております。
また他社配信の他社IP利用タイトルにつきましては、基本的には、IPを利用して他社との協業によりユーザーへモバイルゲームを提供し、その収益についてはIP使用会社から当社グループへ配分されております。
当連結会計年度末現在、当社配信及び他社配信の他社IP利用タイトルは合計で5タイトルとなります。
<主な提供タイトル>
当社グループでは、各プロダクト毎にターゲットユーザーを定め、それぞれ独自の世界観と体験を通じてユーザーに貢献するべく、サービス提供を行っております。

タイトル名
プラットフォーム
オリジナル/他社IP
ゲーム内容等
ドラゴンボールZ ドッカンバトル
App Store
Google Play
他社IP
「ドラゴンボールZ」を題材としたモバイルゲーム
八月のシンデレラナイン
App Store
Google Play
オリジナル
「青春×女子高生×高校野球」をテーマにした“青春体験型野球ゲーム”
アイドルマスター
SideM LIVE ON ST@GE!
App Store
Google Play
他社IP
ドラマチックアイドル育成ライブゲーム
ロマンシング サガ
リ・ユニバース
App Store
Google Play
他社IP
23年ぶりとなる「ロマンシング サガ」完全新作RPGゲーム
ONE PIECE ボン!ボン!
ジャーニー!!
App Store
Google Play
他社IP
「ONE PIECE」を題材としたモバイルゲーム
UNI'S ON AIR
App Store
Google Play
他社IP
欅坂・日向坂46を応援する[公式]音楽ゲームアプリ

[事業系統図]

(注)1.ユーザーからの課金アイテム等利用代金から決済手数料及びプラットフォーム手数料(プラットフォー
ム運営事業者による代金回収代行業務及び売上管理業務に対する手数料)を差し引いた金額が、プラット
フォーム運営事業者から当社グループへ支払われます。
2.ユーザーからの課金アイテム等利用代金から決済手数料及びプラットフォーム手数料を差し引いた金額が
プラットフォーム運営事業者からIP使用会社へ支払われ、当社グループへの配分額はIP使用会社より支払われます。
3.ユーザーからの課金アイテム等利用代金から決済手数料及びプラットフォーム手数料(プラットフォー
ム運営事業者による代金回収代行業務及び売上管理業務に対する手数料)を差し引いた金額のうち、一定の配分額をIP使用会社へ支払っております。

(2) 当社グループの特徴及び強み
当社グループの主な特徴及び強みは以下のとおりです。

① 企画力・プロデュース力
(a) オリジナルタイトルの企画力
当社グループは、これまでブラウザゲーム及びネイティブアプリで合計17本の自社によるオリジナルタイトルをゼロから企画・開発しております。モバイルゲーム市場については、ユーザーがおもしろいと感じて楽しめるタイトルを提供することが重要と考えており、当社グループはモバイルゲームを自社によるオリジナルタイトルでゼロから企画・開発を行っている強みがあると考えております。

(b) ノウハウの蓄積・企画立案プロセスの整備
当社グループは、企画、開発及び運営に至る主要なプロセスを自社で一貫して行うことにより、モバイルゲームの開発及び運営のノウハウを蓄積してまいりました。また、既存タイトルにおける過去の施策とそのユーザー分析結果を開発・運営部門全体で共有することにより、新規タイトルの企画、開発や既存タイトルの運営にも応用しており、組織としてノウハウを蓄積・活用できる体制を構築していると考えております。
なお、企画立案のプロセスからマーケティング部門が関わり、社内レビューやユーザーテストなどを繰り返し実施し、「世界観」と「面白さ」とを備えたゲームを分析的・継続的に再現できるプロセスを導入しております。

②長期運用力
(a) オリジナルタイトル及び他社IP利用タイトルの展開
当社グループはオリジナルタイトルの開発と他社IP利用タイトルの開発を行っております。オリジナルタイトルはゲーム内で使用するイラスト費やプロモーションコストを当社グループで負担する必要がありますが、当社グループに対する収益分配率は高くなります。一方、アニメや漫画等の有力なIPのうち、当社が配信する場合は、IP使用会社等への収益分配があるため、収益分配率がオリジナルタイトルと比べ低くなりますが、ユーザーの認知度が高いため、サービス開始直後から一定のユーザーの獲得を見込むことができると考えております。また他社が配信する場合には、当社が配信する場合と同様である他、ゲーム内で使用するイラスト費やプロモーションコストを抑えることが可能であると考えております。そのため、ターゲットユーザーや収益構造が異なるオリジナルタイトルと他社IP利用タイトルのゲームコンテンツを共に提供することによりリスクをヘッジすることが可能と考えております。

(b) 複数タイトルの運営体制
当社グループは、継続的に安定的な収益を確保するために、ノウハウの共有やツール等の自動化を行い、複数の既存タイトルの運営と新規タイトルの開発を同時並行で行う体制を構築しております。また、国内外において優秀な人材の採用を積極的に進めることにより、一人当たりの効果的な生産性を実現し、少ない人員数でそれぞれのタイトルを運用する体制を実現していると考えております。

(c) データ分析及びPDCAサイクルの実行
モバイルゲームは、これまでの家庭用ゲーム専用機向けタイトルとは異なり、サービスの開始後もユーザーの動向に合わせてゲーム内容の改良を常に行っていくことが必要となっております。当社グループは、DAU、課金率、ARPPU(注)等の基礎的なデータを初めとして、ユーザーの行動履歴を示す各種指標を取得することによりユーザーの動向を把握し、各種施策を適時に実施することで収益向上に取り組んでおります。また、ユーザーから寄せられたクレームやコンテンツの問題点を認識し、それを改善するための計画の立案、実行及び修正というPDCAサイクルを繰り返し実行することにより、ユーザー基盤の維持・拡大とさらなる収益の拡大を図っております。

(注)DAU(Daily Active Users):1日においてサービスを利用したユーザー数
課金率:サービスを利用しているユーザーのうち課金アイテムを購入したユーザーの割合
ARPPU(Average Revenue Per Payed User):課金ユーザー1人当たりの平均売上高

(d) マーケティング力
当社グループでは、ウェブだけでなくテレビCMを含めた効率的なマーケティングを意識して実践しております。具体的には、マーケティング部門が各ゲームタイトルの企画・開発段階から関わることにより、プロダクトを理解した上でマーケティング施策を立案できる体制を構築していると考えております。また、各マーケティング施策に対して詳細なデータ分析を行い、PDCAを実施することにより、ユーザー獲得単価を適切な水準にコントロールできております。
また、マルチメディア展開、他社とのコラボレーションやリアルイベントなどにより、ユーザーを長期的にファン化する取り組みも積極的に行っております。
これらの結果、広告宣伝費を効率的に活用し、収益性の確保に努めております。

③ 海外オペレーション力
当社グループは、国内だけでなく今後成長が見込まれる海外市場においても、当社グループのモバイルゲームを提供していく必要があると考えており、台湾にある海外子会社(Akatsuki Taiwan Inc.)が運用主体となって、日本のノウハウを展開することで、日本と同水準のユーザーエンゲージメントでのサービスをグローバルに展開するオペレーション体制を構築しております。具体的には、当社グループで実績のあるタイトルにつきましては、台湾子会社にて海外向けにローカライズ(注)することにより提供し、国内での運用ノウハウを展開することにより、効率的な運用を目指しております。
また、新規タイトルにつきましては、当社グループ内で密に連携することにより、国内・海外において各国の市場の状況に応じて適時にモバイルゲームを提供できる体制を構築していると考えております。

(注)ローカライズ:ソフトウェアの現地最適化であり、国際化されたソフトウェアを各国に対応させること

④ 組織力・企業文化
当社グループは、メンバー一人ひとりがモチベーション高く、それぞれの才能を最大限活用でき、さらにチームとしても最高のパフォーマンスを発揮できる組織作りや、新しいサービスを生み出すという「ものづくり」としての企業文化構築を重視しています。そのために企業理念やカルチャーに適合する人材を採用するとともに、人材育成のための研修や人事施策、企業文化の醸成やオフィス環境の整備に対して積極的に投資しております。

(図は省略)