7833 IFIS JAPAN LTD.株式会社アイフィスジャパン(カブシキガイシャアイフィスジャパン)

基本情報 (Basic information)

証券コード 7833
会社名 株式会社アイフィスジャパン
会社名(英字) IFIS JAPAN LTD.
会社名(ヨミ) カブシキガイシャアイフィスジャパン
所在地 千代田区西神田三丁目1番6号
業種 その他製品
者法人番号 9010001009543
連結の有無
資本金(百万円) 381
決算日 12月31日
上場区分 上場

業績 (Business Result)

売上高 (Net sales)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 3,404,680,000 5,564,130,000
2018 3,330,540,000 5,450,490,000
2017 3,042,080,000 4,916,420,000
2016 3,053,780,000 4,596,320,000
2015 2,869,600,000 4,241,750,000
2014 2,494,370,000 3,708,490,000

経常利益 (Ordinary profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 623,054,000 864,253,000
2018 585,966,000 838,503,000
2017 509,086,000 684,426,000
2016 514,081,000 592,501,000
2015 446,335,000 594,098,000
2014 272,908,000 392,504,000

当期純利益 (Profit (loss) attributable to owners of parent)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 570,086,000
2018 549,433,000
2017 433,910,000
2016 373,440,000

当期純利益 (Profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 430,039,000
2018 401,616,000
2017 346,321,000
2016 337,359,000
2015 280,751,000 381,254,000
2014 166,042,000 265,859,000

包括利益 (Comprehensive income)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 568,341,000
2018 545,317,000
2017 435,750,000
2016 368,852,000
2015 377,993,000
2014 270,008,000

純資産額 (Net assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 3,312,930,000 4,075,780,000
2018 2,960,210,000 3,584,760,000
2017 2,626,400,000 3,107,060,000
2016 2,342,750,000 2,734,100,000
2015 2,058,590,000 2,418,370,000
2014 1,845,690,000 2,108,000,000

総資産額 (Total assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 3,738,750,000 4,904,580,000
2018 3,438,570,000 4,511,750,000
2017 3,050,540,000 3,916,200,000
2016 2,798,030,000 3,614,750,000
2015 2,485,040,000 3,057,420,000
2014 2,176,860,000 2,634,650,000

現金及び現金同等物の残高 (Cash and cash equivalents)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 3,536,720,000
2018 3,115,890,000
2017 2,398,480,000
2016 1,971,540,000
2015 1,982,360,000
2014 1,672,500,000

自己資本比率 (Equity-to-asset ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.886 0.831
2018 0.861 0.795
2017 0.861 0.793
2016 0.837 0.756
2015 0.828 0.791
2014 0.848 0.8

資本金 (Share capital)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 382,510,000
2018 382,510,000
2017 382,510,000
2016 382,510,000
2015 382,510,000
2014 382,510,000

発行済株式総数 (Total number of issued shares)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 10,242,000
2018 10,242,000
2017 10,242,000
2016 10,242,000
2015 10,242,000
2014 10,242,000

従業員数 (Number of employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 96 195
2018 88 186
2017 81 171
2016 79 173
2015 76 159
2014 67 142

平均臨時雇用人員 (Average number of temporary employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 28 117
2018 16 101
2017 15 99
2016 10 97
2015 6 76
2014 7 71

営業活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) operating activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 575,379,000
2018 743,783,000
2017 536,116,000
2016 352,052,000
2015 570,659,000
2014 312,572,000

投資活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) investing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 -77,216,000
2018 41,238,000
2017 -46,381,000
2016 -309,746,000
2015 -193,178,000
2014 -55,569,000

財務活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) financing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 -77,324,000
2018 -67,619,000
2017 -62,788,000
2016 -53,128,000
2015 -67,618,000
2014 -42,450,000

株価収益率(PER) (Price-earnings ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 16.9 12.8
2018 13.4 9.8
2017 17.2 13.7
2016 12 10.8
2015 16.7 12.3
2014 22 13.8

自己資本利益率(ROE) (Rate of return on equity)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.137 0.149
2018 0.144 0.164
2017 0.139 0.149
2016 0.153 0.144
2015 0.144 0.168
2014 0.093 0.133

配当性向 (Payout ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.404
2018 0.192
2017 0.195
2016 0.186
2015 0.258
2014 0.291

1株当たり中間配当額 (Interim dividend paid per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2015 2

1株当たり配当額 (Dividend paid per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 18
2018 8
2017 7
2016 6.5
2015 7.5
2014 5

1株当たり当期純利益 (Basic earnings (loss) per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 44.52 59.02
2018 41.58 56.88
2017 35.85 44.92
2016 34.92 38.66
2015 29.06 39.47
2014 17.2 27.53

1株当たり当期純利益(希薄化後) (Diluted earnings per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2015 29.06 39.46
2014 17.18 27.51

1株当たり純資産額 (Net assets per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 342.96 421.94
2018 306.45 371.1
2017 271.89 321.65
2016 242.53 283.04
2015 213.11 250.36
2014 191.07 218.22

大株主 (Major shareholders)

2019

保有数 保有率 名前 住所
3,220,000 0.3333 株式会社大澤商事 東京都新宿区神楽坂5丁目20番5号
709,000 0.0734 大沢 和春 東京都新宿区
622,520 0.0644

STATE STREET BANK AND TRUST CLIENT OMNIBUS ACCOUNT OM02 505002

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

100 KING STREET WEST,SUITE 3500,PO BOX 23 TORONTO,ONTARIO M5X 1A9 CANADA

(東京都港区港南2丁目15番1号)

448,500 0.0464 奥村 学 長野県小諸市
355,400 0.0368 株式会社光通信 東京都豊島区西池袋1丁目4番10号
300,000 0.0311 鈴木 智博 石川県金沢市
266,900 0.0276 株式会社B&S 東京都文京区本郷3丁目28番4号
175,000 0.0181

BBH FOR FIDELITY PURITANTR: FIDELITY SR INTRINSIC OPPORTUNITIES FUND

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

245 SUMMER STREET BOSTON, MA 02210 U.S.A.

(東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)

155,100 0.0161 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 東京都港区浜松町2丁目11番3号
150,000 0.0155 大澤 由利子 東京都新宿区
150,000 0.0155 大澤 由加子 東京都新宿区
150,000 0.0155 大澤 弘毅 東京都新宿区

2018

保有数 保有率 名前 住所
3,220,000 0.3333 株式会社大澤商事 東京都新宿区神楽坂5丁目20番5号
709,000 0.0734 大沢 和春 東京都新宿区
440,900 0.0456 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海1丁目8番11号
414,200 0.0429

BBH/DBS BANK (HONGKONG) LIMITED A/C 005 NON US

(常任代理人 株式会社三井住友銀行)

11/F, THE CENTER 99 QUEEN’S ROAD CENTRAL HONG KONG HONG KONG

(東京都千代田区丸の内1丁目3番2号)

300,000 0.0311 鈴木 智博 石川県金沢市
287,000 0.0297 株式会社B&S 東京都文京区本郷3丁目28番4号
283,700 0.0294

STATE STREET BANK AND TRUST CLIENT OMNIBUS ACCOUNT OM02 505002

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

100 KING STREET WEST,SUITE 3500,PO BOX 23 TORONTO,ONTARIO M5X 1

A9 CANADA

(東京都港区港南2丁目15番1号)

175,000 0.0181

BBH FOR FIDELITY PURITANTR: FIDELITY SR INTRINSIC OPPORTUNITIES FUND

(常任代理人 株式会社三菱UFJ

銀行)

245 SUMMER STREET BOSTON, MA 02210 U.S.A.

(東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)

173,900 0.018

BANQUE ET CAISSE D’EPARGNE DE L’ETAT LUXEMBOURG

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

2,PLACE DE METZ L-2954,LUXEMBOURG

(東京都港区港南2丁目15番1号)

152,400 0.0158

GOLDMAN,SACHS& CO.REG

(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)

200 WEST STREET NEW YORK,NY,USA

(東京都港区六本木6丁目10番1号)

2017

保有数 保有率 名前 住所
3,220,000 0.3144 株式会社大澤商事 東京都新宿区神楽坂五丁目20番5号
1,009,000 0.0985 大沢 和春 東京都新宿区
441,200 0.0431 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 東京都中央区晴海1丁目8番11号
414,200 0.0404

SCBHK AC DBS VICKERS (HK) LIMI TED - CLIENT A/C

(常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀行)

17-19TH FLOOR, MAN YEE BUILDING, 68 DES VOEUX ROAD CENTRAL, CENTRAL, HONG KONG, CHINA

(東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)

320,400 0.0313 株式会社B&S 東京都文京区本郷3丁目28番4号
300,000 0.0293 鈴木 智博 石川県金沢市
200,000 0.0195 大澤 由利子 東京都新宿区
200,000 0.0195 大澤 由加子 東京都新宿区
200,000 0.0195 大澤 弘毅 東京都新宿区
173,900 0.017

BANQUE ET CAISSE D’EPARGNE DE L’ETAT LUXEMBOURG

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

2,PLACE DE METZ L-2954,LUXEMBOURG

(東京都港区港南2丁目15-1)

2016

保有数 保有率 名前 住所
3,220,000 0.3144 株式会社大澤商事 東京都新宿区神楽坂五丁目20番5号
1,009,000 0.0985 大沢 和春 東京都新宿区
427,800 0.0418

SCBHK AC DBS VICKERS (HK) LIMITED - CLIENT A/C

(常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀行)

17-19TH FLOOR, MAN YEE BUILDING, 68 DES VOEUX ROAD CENTRAL, CENTRAL, HONG KONG, CHINA

(東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)

420,800 0.0411 株式会社B&S 東京都中央区日本橋小舟町9番2号
304,000 0.0297 鈴木 智博 石川県金沢市
200,000 0.0195 大澤 由利子 東京都新宿区
200,000 0.0195 大澤 由加子 東京都新宿区
200,000 0.0195 大澤 弘毅 東京都新宿区
194,900 0.019 アイフィスジャパン従業員持株会 東京都千代田区西神田三丁目1番6号
160,700 0.0157

BANQUE ET CAISSE D’EPARGNE DE L’ETAT LUXEMBOURG

(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

2,PLACE DE METZ L-2954,LUXEMBOURG

(東京都港区港南2丁目15-1)

2015

保有数 保有率 名前 住所
3,220,000 0.3144 株式会社大澤商事 東京都新宿区神楽坂五丁目20番5号
1,009,000 0.0985 大沢 和春 東京都新宿区
420,800 0.0411 株式会社B&S 東京都中央区日本橋小舟町9番2号
342,800 0.0335

SCBHK AC DBS VICKERS (HK) LIMITED - CLIENT A/C

(常任代理人 株式会社三菱東京UFJ銀行)

17-19TH FLOOR, MAN YEE BUILDING, 68 DES VOEUX ROAD CENTRAL, CENTRAL, HONG KONG, CHINA

(東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)

271,000 0.0265 鈴木 智博 石川県金沢市
200,000 0.0195 大澤 由利子 東京都新宿区
200,000 0.0195 大澤 由加子 東京都新宿区
200,000 0.0195 大澤 弘毅 東京都新宿区
173,500 0.0169 アイフィスジャパン従業員持株会 東京都千代田区西神田三丁目1番6号
126,600 0.0124 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 東京都中央区晴海一丁目8番11号

2014

保有数 保有率 名前 住所

事業内容 (Description of business)


3【事業の内容】
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、国内に7社の連結子会社、海外に1社の子会社と1社の関連会社から構成されております。当社は創業以来、証券調査レポートに関連する「電子媒体」と「紙媒体」の両方のサービスを提供することで、ユニークな金融情報ベンダーとしての地位を築き上げてきました。その後、上場企業および投資信託のディスクロージャーといった会社法・金融商品取引法関連の金融・財務ドキュメント分野でのサービスも開始いたしました。
当社グループのセグメントは、1.投資情報事業、2.ドキュメントソリューション事業、3.ファンドディスクロージャー事業、4.ITソリューション事業、5.その他事業に分かれており、国内の7社の連結子会社、海外の1社の子会社と1社の関連会社もこれに関連した事業を展開しております。
4つの事業を柱に、当社グループならではの独創性に富んだ商品ラインアップで、金融情報サービス業界を革新するソリューションを提供しています。
なお、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しており、前年同期比較については変更後の区分方法に組み替えた数値で比較しております。詳細は、「第5 経理の状況1 連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。

〔事業系統図〕
当社の事業系統図は、次のとおりです。
(注)無印 連結子会社
※1 持分法適用関連会社
※2 非連結子会社で持分法非適用会社

1 投資情報事業
投資情報事業では、機関投資家、証券会社、メディア(個人投資家)市場に対して、下記サービスを展開しています。
以下、各サービスについて説明いたします。
(1) 『IFIS Research Manager』(アイフィス・リサーチ・マネージャー)
主要証券会社が機関投資家向けに発行している証券調査レポートを、Web上で一元管理・検索・閲覧できる電子書庫サービスです。当社は創業以来、証券調査レポートの印刷・配送事業を行ってまいりました。証券調査レポートの提供先である機関投資家のファンドマネージャーやアナリストからの「紙媒体で届く証券調査レポートを電子的に保管し、いつでも必要な時に検索したい」というニーズに対応するため、見やすく検索機能も充実させた“調査レポート電子書庫サービス”である『IFIS Research Manager』を開発し、1998年4月よりサービスを開始いたしました。
現在、主要な機関投資家のファンドマネージャーやアナリスト、また主な上場企業のIR部署などで利用されております。インターネットならではの利便性に加え、データ更新の速さ、豊富な情報量、ユーザビリティの良さが評価され、レポート閲覧サービスにおいて圧倒的なシェアを獲得しています。
掲載されているレポートは、「銘柄レポート」「業界レポート」「マクロ経済レポート」「ストラテジーレポート」「債券レポート」、上場企業のIR情報(決算説明会資料等)やクレジットを含む債券市場に関する調査レポートなど豊富な情報が100万件に及んでいます。さらに主要証券会社のアナリストの調査レポートは1日あたり数百本を追加提供しています。
また、機関投資家が『IFIS Research Manager』を通じてどの銘柄やセクターレポートにアクセスしたのか、そのアクセス状況を集計し、独自の視点で分析したレポート『IFIS Watch』を毎月発行しています。機関投資家にとってはマーケットトレンドの把握や注目レポートの確認に、企業のIR担当者にとっては自社の評価はもちろん業界全体の動向や同業他社の注目度の確認に有効なツールとして幅広く活用できる情報です。
料金体系は利用ID数に応じた月毎の定額制となっております。

(2) 『IFIS Consensus』(アイフィス・コンセンサス)
主要証券会社のアナリストによる業績予想数値を、独自の“IFISコンセンサスポリシー”に基づいて算出したコンセンサス(市場予想平均)です。
米国では、上場企業が自社の収益予想を発表することが少ないため、証券会社のアナリスト予想の平均値であるコンセンサス予想が株式投資において非常に重視されております。日本でもコンセンサス予想に対するニーズが高まるものとの考えに基づき、当社では2001年から『IFIS Consensus』の制作を開始しました。主要証券会社から発行される銘柄レポート、業界レポート等を登録対象に、これらのデータから売上高、営業利益、経常利益、当期利益等の予想数値の平均値を毎日算出し、お客様のニーズに合わせてさまざまな形式で提供しています。日本市場の実態に即したコンセンサスを算出できる独自のルール構築に加え、データ入力・加工処理において数段階のチェックを行うことで、データの即時性と精緻性を両立しています。
現在、複数の証券会社アナリストが発行する証券調査レポートに『IFIS Consensus』の掲載が定着するなど、アナリストやファンドマネージャーの間で幅広く利用されていると当社では認識しております。
『IFIS Consensus』では、データの精緻性・即時性を重視するため、社内の専門スタッフがデータ制作に従事し、また、当社独自のチェック体制を確立しております。ユーザーにもデータの精緻性・即時性の面で高い評価をいただいており、他社との差別化はこの点にあると認識しております。
当社では、この『IFIS Consensus』を利用した以下のサービスを展開しております。

① 『IFIS Consensus Manager』(アイフィス・コンセンサス・マネージャー)
主要証券会社のアナリストによる業績予想数値をもとに算出した『IFIS Consensus』を、会社実績数値、会社予想数値と共にWeb上で閲覧できるサービスを機関投資家と証券会社に提供しております。銘柄ごとに『IFIS Consensus』と会社実績数値、会社予想数値の推移や乖離を株価の推移とともにグラフィカルに表示できるほか、設定した条件で銘柄を抽出できるスクリーニング機能を備えています。
また、証券調査レポート閲覧サービス『IFIS Research Manager』と合わせてご利用いただければ、各アナリストの業績予想数値から、その数値が掲載されているレポートへのリンクで確認できるなど、多角的な情報分析が可能です。料金体系は、利用ID数に応じた月毎の定額制となっております。


② 「IFIS Consensus Data」(アイフィス・コンセンサス・データ)
「IFIS Consensus Data」は、証券会社アナリストによる最新の業績予想をベースに独自に算出した『IFIS Consensus』のデータを「バルク形式」で提供するサービスです。
『IFIS Consensus』は、機関投資家、ヘッジファンド、大手証券会社などから市場実態に即したコンセンサスとして高い評価をいただいています。生データをバルクで提供することで、即時性、精緻性に加え、高い加工性を持つことが特長です。配信するデータとしては、当社の独自データブランドである『IFIS Consensus』、アナリストの業績予想、企業が発表する実績、予想データがあります。『IFIS Consensus』やアナリストの業績予想データを100%自社で作成することで、他ベンダーとデータの精緻性の差別化を図り、機関投資家、証券会社、金融ポータル、ヘッジファンド、メディア、大学・研究機関などで広くご利用いただいています。
料金体系は、データの利用項目数に応じた定額制となっております。

(3)『IFIS Disclose Manager』(アイフィス・ディスクローズ・マネージャー)
決算短信・有価証券報告書等、TDnet、EDINET経由で発信される各種開示資料を掲載し、まとめて検索、閲覧できるサービスです。企業が開示を行ったタイミングと同時にTDnet、EDINET経由でXBRLデータを自動的に取り込み、『IFIS Disclose Manager』に収録しています。料金体系は、利用ID数に応じた月毎の定額制となっております。

(4) 個人投資家向けASPサービス
機関投資家を中心に利用されている『IFIS Consensus』を個人投資家の方々にも触れていただくため、ポータルサイトや証券会社を通して様々な切り口の独自性豊かな投資情報コンテンツをご提供しています。

① 証券会社向けASPサービス
個別企業の業績予想・アナリスト達の最新の評価やその推移をまとめたレポートの他、決算や業績修正を素早く伝える業績トピックス、プロの切り口でのスクリーニング結果を日々表示する簡単スクリーニングなどの投資情報を、個人投資家を対象にしている証券会社に提供しているサービスです。
これらの投資情報は、提供先証券会社において、口座をお持ちのお客様向け投資情報、あるいはリテール営業の支援ツールとして利用されています。料金体系は、月毎の定額制とPV数に応じた従量制となっています。

② 無料オープンサイト『IFIS株予報』
『IFIS株予報』は、当社がヤフーファイナンスのパートナーサイトとして運営するオープンサイトです。決算スケジュール、ディレイ配信での決算・業績修正に関する業績トピックスの他、業績予想値、期中の業績の進捗度合い等をわかり易く掲載した個別企業情報等で構成されており、ヤフーファイナンスを通して閲覧することができます。
圧倒的な集客力を誇るオープンサイトでの情報配信を通じて、当社では個人投資家における『IFIS Consensus』の浸透を図るとともに、広告の一媒体として、有料で企業の広告を当サイト上に掲載しています。

(5) 証券レポート作成システム
証券会社が顧客向けに発行するアナリストレポートの制作から配信までをカバーする業務システムを証券会社のリサーチ部門向けに提供しております。
証券会社では常により質の高いレポート作成のため、情報の収集、綿密な調査・分析を行い、まとめた投資情報をレポートにして発信します。証券レポート作成システムではアナリストが執筆した原稿の登録、原稿の社内審査、情報管理、公開後のレポートの検索閲覧などの社内管理体制を一元管理することが可能になり、アナリストレポートの品質や一貫性の保持、業務全般の効率化・スピード化など、プロダクトレベル向上に効果を発揮します。

(6) NPMServices
株式会社金融データソリューションズでは金融、特に日本株式に関する膨大なデータから目的に応じたデータをスピーディに取得できるサービス、ソリューションを提供しています。
ポートフォリオ構築、リスク分析、パフォーマンス要因分析など機関投資家向けの日本株式運用業務支援をアプリケーションで提供し、日本有数の大手機関投資家など数十社で利用されています。またNPMServicesのデータは、生存者バイアスや先読みバイアスが除かれております。このため、多くの大学研究者がNPMServices収録データを分析に利用しています。
(7) キャピタルアイ・ニュース、データ
株式会社キャピタル・アイが提供する日本の資本市場の活動を報道するニュースサービスです。

① 『キャピタルアイ・ニュース』
本邦関連発行体による社債、財投機関債、地方債、証券化などのデットファイナンスおよび株式、CBを中心としたエクイティファイナンスの動向を中心にお伝えするニュースサービスです。
主幹事の指名や条件決定などを速報し、債券・株式の販売状況や市場の傾向を分析した記事、引受ランキングや発行額のデータなどを配信します。そのほか、CDSレポート、一般債セカンダリーレポート、貸株市場レポートなども日々更新しています。料金体系は、利用ID数に応じた月毎の定額制となっております。

② 『キャピタルアイ・データ』
『キャピタルアイ・ニュース』で配信している案件要項を収録するデータベースサービスです。
検索・集計・ランキング・ダウンロードなどの機能を備えています。過去のファイナンス実績や償還案件、引受実績を「発行体シート」にまとめています。
また、『キャピタルアイ・ニュース』で配信している「起債観測」、「マーケティングレンジ」、「CDS市場」、「CP発行市場」の各項目をエクセルファイルで提供します。料金体系は、データの利用項目数に応じた定額制となっています。

2 ドキュメントソリューション事業
ドキュメントソリューション事業では、証券会社、機関投資家及び上場企業のIR部署に対して下記サービスを展開しています。
以下、各サービスについて説明いたします。
(1) 証券・生命保険資料の印刷・配送
主要証券会社発行の証券調査レポートや生命保険会社が発行する変額年金販売資料など、金融機関が発行する各種レポートや商品パンフレットといった金融及び財務に特化したドキュメントの処理をレイアウト編集から印刷、製本、宛名印字・封入・封緘、配送までトータルに短時間で提供するサービスです。

(2) 企業年金関連サービス
企業年金関連サービスでは確定拠出年金、確定給付年金の運営管理機関向けにサービスを提供しています。

① 企業年金関連文書管理システム
確定拠出年金、確定給付年金の運営管理機関が加入者向けに発行する運用商品説明資料、モニタリングレポートなどの作成業務に特化した業務支援ASPシステムを提供しております。
確定拠出年金、確定給付年金導入の企業様のDCプランに採用されている預金・保険・投資信託など多数の商品ごとの月次レポート、商品説明などの文書ファイルのシステム登録を代行し、システム上で個別DCプランに紐付けして文書ファイルを管理するとともに、自動的に資料を編集・生成します。
ASPシステムは印刷機能、ファイル公開機能、電子ブック生成機能など豊富な機能を標準実装しておりますが、運営管理機関のさまざまなニーズに対応するためカスタマイズ開発なども行っています。

② 派生印刷・配送
確定拠出年金、確定給付年金文書管理システムには印刷機能、ファイル公開機能、電子ブック生成機能など搭載されており、システムの提供だけでなく、投資教育コンテンツの制作やデザイン制作・印刷配送、個別業務のBPOも請負、トータル的なソリューションを提供しています。

(3) IR資料印刷・配送
決算発表スケジュールが早まる傾向の中、決算短信・決算説明会資料印刷の納期が短縮され、スピーディーな印刷が各上場企業に求められているため、上場企業の実務上の負担となっています。当社ではこのような業務負担を軽減するよう夜間にも対応したオンデマンド印刷サービスを行っております。またアニュアルレポートや事業報告書、ファクトブックなどのIRツールの企画から制作・印刷さらに配送業務までを一括で低価格にて提供するサービスも行っています。


(4) 『W2Pクラウド』(Web-to-Printサービス)
名刺・はがき・封筒、印鑑・スタンプ、DM・チラシ・ポスター等のオーダーメイド品を扱うすべてのEコマースビジネスのために設計されたASPサービスで、Web上でオンライン編集技術を必要とするビジネスに、Eコマースサイト・自動組版エンジン・オンライン編集/プレビューを実現する仕組みを提供しております。
2012年のサービス提供開始以来、印刷通販サイト・販促品注文サイト・カタログ通販サイト・年賀状サイト・名刺サイト等のサービスを実現するための仕組みとして多くのEコマースサイトに採用されています。

(5) 翻訳・通訳サービス
グローバル化に伴い人的交流が活発になる中、株式会社アイコスでは精度の高い翻訳・通訳サービスを提供しております。
翻訳サービスでは「業界」、「各国言語」を熟知した経験豊富な翻訳者が700名以上所属しており、IT業界、金融業界、アパレル業界と専門分野での実績を積み重ねてきました。
通訳サービスでは様々な業務・職種に精通したフリーランス通訳者を多数揃え、お客様のご要望に応じ適切な通訳者とのマッチングを行い、迅速かつより高品質な通訳サービスを提供しております。近年、注目を集めるアジア・ASEAN諸国の言語に関する翻訳・通訳の多言語化にも積極的な取り組みをしています。

(6) 物流サービス
東京ロジプロの独自の自社配送網を軸とした、オンリーワン・ワンストップの総合物流サービスです。
印刷から、封入・封緘・各種梱包作業、在庫管理を行う『大江戸ドキュメントサービス』と、運送・配達・発送代行の『大江戸デリバリーサービス』をカスタマイズすることにより、小規模組織ならではのスピードと柔軟性で無駄のない物流プロセスを提供しております。

3 ファンドディスクロージャー事業
ファンドディスクロージャー事業では、機関投資家の中でも投信会社に特化して、下記サービスを展開しています。
以下、各サービスについて説明いたします。
(1) 目論見書等の編集・印刷・配送
投信会社がファンド募集にあたって発行が義務付けられている目論見書や運用報告書、ポスター並びに各種販売用資料のデザイン制作やレイアウト編集から印刷・配送まで一括してトータルに提供するサービスです。
目論見書は、投資対象や運用方針、販売手数料や信託報酬などのコストに関する事項、信託約款の内容などファンドに関する重要な情報が記載されている資料です。ファンドごとに運用会社が作成しており、投資信託を購入する人にとって最も重要な情報源であるといえます。販売会社は、投資家に対してファンドの購入時までにこの目論見書を交付することが義務づけられていることから、当社では顧客要請に基づいた厳密な納期・品質管理と専門的なノウハウをもとにサービスを行っています。

(2) マーケティング支援
各種金融ドキュメントの企画・制作から、印刷、配送までをトータルサポートしております。文書生成・管理のシステム開発や各種業務サポート、デザイン・制作、印刷・製本から封入・配送などでドキュメントライフサイクルのすべてをカバーするソリューションは、証券、投資信託、銀行、保険などの金融機関から高い評価を得ております。
また、長年培った金融ドキュメントの知識と経験を生かし、ユーザビリティに優れたシステムやアプリケーションツールを独自に開発し、さまざまな業務課題を解決する金融システムソリューションを提案しています。
金融業界で高評価を獲得したノウハウで金融ドキュメントのみならず、「広告」「販促資料」のデザイン、「動画」「ノベルティ」の販促ツール企画・制作、「Webコンテンツ」「アプリ開発」など、ニーズやターゲットにあったマーケティング支援を行っております。


4 ITソリューション事業
ITソリューション事業では、金融機関や事業会社及びシステムインテグレータなどに対して下記サービスを展開しています。
以下、各サービスについて説明いたします。
(1) 金融ソリューション
オープンシステムと最新のソフトウエア開発技術(オブジェクト指向やSOA等)を最適に組み合わせ、顧客要望にあわせた金融機関向けITシステムを、構築または運用構築支援を提供しております。

(2) ビジネスソリューション
企業経営を支える基幹業務アプリケーション(販売管理、在庫管理、財務管理、生産管理等)の設計、 開発、導入、移行サービスに関わるソリューションを提供しております。

(3) マイグレーションサービス
マイグレーションとはシステムの機能を維持しながらプログラミング言語の置き換えを行う手法であり、VisualBasic6.0からVisualBasic.NET、もしくはVisualBasicからJavaへのマイグレーションサービスを提供しております。OS変更に伴い現在のプログラミング言語では問題が生じる場合や、社内システムの言語統一を考えている顧客に対して、現状のシステムを新たに開発するのに比べ、安価かつ短時間でシステム移行が行えるサービスを提供しております。

5 その他事業
その他事業では、下記サービスを展開しています。
データ化サービス
ドキュメントのデータエントリーや電子アーカイブ化などのアウトソーシング支援サービスを提供しております。