4437 gooddays holdings,Inc.gooddaysホールディングス株式会社(グッドディズホールディングスカブシキガイシャ)

基本情報 (Basic information)

証券コード 4437
会社名 gooddaysホールディングス株式会社
会社名(英字) gooddays holdings,Inc.
会社名(ヨミ) グッドディズホールディングスカブシキガイシャ
所在地 千代田区六番町7番地4
業種 情報・通信業
者法人番号 9010001174040
連結の有無
資本金(百万円) 161
決算日 3月31日
上場区分 上場

業績 (Business result)

売上高 (Net sales)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 5,758,870,000
2019 4,992,800,000

営業利益 (Operating revenue)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 300,000,000
2019 280,080,000

経常利益 (Ordinary profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 5,142,000 383,092,000
2019 6,178,000 300,584,000

当期純利益 (Profit (loss) attributable to owners of parent)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 255,501,000
2019 198,507,000

当期純利益 (Profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 2,677,000
2019 2,994,000

包括利益 (Comprehensive income)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 255,625,000
2019 199,789,000

純資産額 (Net assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 1,140,180,000 1,680,900,000
2019 1,068,700,000 1,356,480,000

総資産額 (Total assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 1,179,680,000 2,831,500,000
2019 1,124,020,000 2,562,510,000

現金及び現金同等物の残高 (Cash and cash equivalents)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 880,159,000
2019 914,302,000

自己資本比率 (Equity-to-asset ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.966 0.593
2019 0.95 0.529

資本金 (Share capital)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 161,492,000
2019 124,100,000

発行済株式総数 (Total number of issued shares)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 3,305,600
2019 1,620,000

従業員数 (Number of employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 22 310
2019 17 279

平均臨時雇用人員 (Average number of temporary employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 72
2019 44

営業活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) operating activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 44,865,000
2019 89,651,000

投資活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) investing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -127,608,000
2019 -37,691,000

財務活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) financing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 48,600,000
2019 578,238,000

株価収益率(PER) (Price-earnings ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 968 10.1
2019 1,850.7 27.9

自己資本利益率(ROE) (Rate of return on equity)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.002 0.168
2019 0.004 0.203

1株当たり当期純利益 (Basic earnings (loss) per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.81 77.39
2019 2.26 149.55

1株当たり当期純利益(希薄化後) (Diluted earnings per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.71 67.8
2019 2.25 148.99

1株当たり純資産額 (Net assets per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 344.77 508.35
2019 659.38 837.02

大株主 (Major shareholders)

2020

保有数 保有率 名前 住所
1,621,806 0.4906 CASABLANCA株式会社 東京都文京区本郷1丁目27-8 101
400,710 0.1212 小倉 博 東京都江東区
376,368 0.1139 小倉 弘之 東京都文京区
228,100 0.069 日本マスタートラスト信託銀行株式会社 東京都港区浜松町2丁目11番3号
60,000 0.0182 東急不動産ホールディングス株式会社 東京都渋谷区道玄坂1丁目21-1号
59,500 0.018 GDHグループ社員持株会 東京都千代田区六番町7-4
57,000 0.0172 三菱地所株式会社 東京都千代田区大手町1丁目1番1号
45,500 0.0138 野村信託銀行株式会社 東京都千代田区大手町2丁目2-2
45,000 0.0136 小田急電鉄株式会社 東京都渋谷区代々木2丁目28-12
24,000 0.0073 池田泉州キャピタルニュービジネスファンド5号投資事業有限責任組合無限責任組合員池田泉州キャピタル株式会社 大阪府大阪市北区茶屋町18-14

2019

保有数 保有率 名前 住所
810,903 0.5006 CASABLANCA株式会社 東京都文京区本郷1丁目27-8 101
188,184 0.1162 小倉 弘之 東京都文京区
182,555 0.1127 小倉 博 東京都江東区
31,850 0.0197 GDHグループ社員持株会 東京都千代田区六番町7-4
30,000 0.0185 東急不動産ホールディングス株式会社 東京都渋谷区道玄坂1丁目21番2号
28,500 0.0176 三菱地所株式会社 東京都千代田区大手町1丁目1番1号
22,500 0.0139 小田急電鉄株式会社 東京都渋谷区代々木2丁目28-12
18,800 0.0116 NOMURA PB NOMINEES LIMITED OMNIBUS-MARGIN (CASHPB) (常任代理人 野村證券株式会社) 1 ANGEL LANE,LONDON,EC4R 3AB,UNITED KINGDOM(東京都中央区日本橋1-9)
15,100 0.0093 松原 秀樹 愛知県名古屋市昭和区
12,000 0.0074 池田泉州キャピタルニュービジネスファンド5号投資事業有限責任組合 大阪府大阪市北区茶屋町18-14

事業内容 (Description of business)


当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、当社の連結子会社3社の計4社で構成されております。当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することとなります。当社のビジネスは、「ITセグメント」と「暮らしTech(注)セグメント」の2つのセグメントに分類され、ITセグメントではシステム開発等のITソリューション等の提供、暮らしTechセグメントでは不動産のリノベーション・入居者のための不動産仲介サイトの運営を通じた仲介等に係る事業等を営んでおります。当社グループのミッションは、「暮らし×ITで実現する未来のふつう」です。不動産とIT、どちらも暮らしの基本をつくる大切な要素です。当社グループは、オープンリソース株式会社、グッドルーム株式会社、ハプティック株式会社3社の強みを融合し、相乗効果を生み出すことで「どこにもない未来のふつう」を実現しています。(注)暮らしTech:Living(暮らし)とTechnology(テクノロジー)の造語。 当社グループの事業における当社及び当社の関係会社の位置付け及びセグメントとの関係は、次のとおりであります。
セグメント名称
主な事業内容
会社名
IT
システム開発等のITソリューション提供
オープンリソース㈱
暮らしTech
不動産のリノベーション、不動産仲介、不動産のオペレーション不動産仲介サイト「goodroom」及び地域情報サイト「goodroom journal」の運営
ハプティック㈱グッドルーム㈱
全社(共通)
グループ会社の経営管理、事務受託等
gooddaysホールディングス㈱

各セグメントの詳細は、次のとおりであります。
(1) ITセグメント① 外部顧客向けサービスとしては、主にオープンリソース株式会社と直接契約をしたエンドユーザー向け(主に小売業界)とシステム・インテグレータ(注1)(System Integrator。以下「SIer」と言います)を仲介したエンドユーザー向けのシステム開発事業を行っております。2020年3月31日現在で、営業、営業企画&マーケティング含み184名のIT技術者を擁しております。現時点におけるITセグメントは、ビジネスカテゴリーをSEサービス(注2)ビジネス、請負ビジネス、物販ビジネスに分類しております。(注1)システム・インテグレータ:情報システムの企画、構築、運用などの業務をシステムのオーナーとなる顧客から一括して請け負う情報通信企業のこと。(注2)SEサービス:システム・エンジニアリング・サービスの略。・SEサービスビジネスは、システム・エンジニアを顧客に常駐させ、システムの要件を顧客と協議しながら顧客内で開発及び維持まで実現するサービスで、時間をベースとした契約形態となります。特定の顧客とは開発・維持の範囲及び達成条件を事前に顧客との間で決めた上でサービスを提供しております。2020年3月期において、ITセグメントにおける全SEサービスビジネスの売上において上位2社で41.0%を占めております。なお、受託した業務内容等により外部リソースを使用することがあります。・請負ビジネスは、業務の範囲と要件を顧客と決定した上で、開発の請負金額を合意し、実施するサービスです。対象はエンドユーザー向けとSIer向けがあり、エンドユーザー向けについてはソフトウェアの保守・運用までをその範囲としており、通常、開発終了後に顧客と年間保守契約を結んでおります。本ビジネスにおいても、受託した業務内容等により外部リソースを使用することがあります。・物販ビジネスは、請負ビジネス時に付随するハードウェア(H/W)・ソフトウェア(S/W)の販売及びサーバー等の環境設定・端末の設定等を行なっております。 請負ビジネス(エンドユーザー向け)に使う主なソリューションは以下のとおりです。
具体的な商品またはサービス
内容
テナントPOSシステムのテンプレート
テナントとして入居している小売店舗の売上情報及び発注・棚卸し等店舗内マーチャンダイジング(注1)システム。
スマートデバイス(注2)を利用した店舗システム(従来のハンディ端末の置き換え)
消費者向け機器のため業務用機器と比べて安価なハードウェアでの店員教育負担の軽減を目的としたシステム。(小型端末iPodTouchを利用した店舗内発注・在庫照会、棚卸し、各種検索システム)
業務コアモデル(注3)の提供で小売業店舗の使いやすさを実現したシステム
お客様・店員等の業務に沿ったオペレーションを可能とするシステムモデル。小売業における基幹システムの入力・出力の考え方を従来と抜本的に変えることを想定しており、例えば商品マスターはバイヤーの業務に合わせて入力される、店員はお客様との接客時に商品情報から購入する商品の選択及び会計(POS機能)、在庫がない場合は発注につなげる等スマートデバイスを使用する業務システム。
マルチ決済システム
クレジットカード、IVR(電話による決済処理)、コンビニ決済、プリペイドカード決済等マルチ決済用のシステム。

(注1)消費者の欲求に適合するような商品を、適正な数量・価格で、適切な時期・場所に供給する業務。(注2)スマートデバイス:Apple社のiPodTouch、iPad等、Google社のOSを使った消費者向け機器等。(注3)業務コアモデル:人の判断が必要なもの以外は全て自動化し、店舗と本部の業務をすべてつなげる視点で見直し、モデル化したもの。 ② グループ内企業向けサービスとしては、2015年より不動産仲介サイトである「goodroom」における、取引物件データベースの運用維持及びアプリの改善開発をグッドルーム株式会社と共同で実施しています。また、研究開発活動としてgoodroomプラットフォームの一部となる賃貸向けオンラインでの申込を、2018年6月に開始したのに引き続き、2019年11月より投資開発活動としてOne Cycle ビジネスプラットフォームとしてシェアオフィス、サービスアパートメントから現状の賃貸住宅までを対象に、物件紹介~申込~契約~決済まで全てを非対面、オンラインで完結させることを目指したシステムの開発に着手しております。
(2) 暮らしTechセグメント暮らしTechセグメントは、ハプティック株式会社とグッドルーム株式会社が行っております。内容としては、リノベーションビジネス、不動産仲介ビジネス、オペレーションビジネス、メディアビジネスの4つに大別されます。2020年4月より不動産仲介・運営ビジネスは、不動産仲介ビジネスとオペレーションビジネスに分けております。 それぞれの事業の内容は以下のとおりとなっております。① リノベーションビジネス(ハプティック株式会社)ハプティック株式会社では賃貸物件に特化し、賃貸住宅向けに設計・施工をパッケージ化したリノベーションパッケージ「TOMOS」(注1)の提供を行なっており、2020年3月31日現在で施工技術者14名(社員)、多能工大工12名(社員)を擁しております。2020年3月期の実績として全国で487件のリノベーション実施実績をあげているほか、それまでの賃貸住宅でのリノベーション実績を生かし、小規模オフィス向けのリノベーションパッケージ(注2)の提供も行なっております。2018年3月に東京の六本木で共同ラウンジ付小規模オフィスリノベーションを実施したのに続き当連結会計年度は薬院(福岡)、呉服町(福岡)、本町(大阪)、有楽町(東京)のオフィスリノベーションを実施しました。(注1)「TOMOS」は賃貸住宅では珍しい無垢床を用い、白・アースカラーを基調としたナチュラルデザインを特徴とするリノベーションパッケージ。(商標登録番号5648934号)(注2)賃貸住宅向けリノベーションパッケージ及び小規模オフィス向けリノベーションパッケージは、いずれも「TOMOS」をベースとしており、同様の特徴があります。 ② 不動産仲介ビジネス(ハプティック株式会社)東京、大阪、福岡に拠点を持ち、賃貸住宅の不動産仲介サイト「goodroom」を使い、入居者受付から内覧の案内、契約までの賃貸サービス業務を提供し、入居者からは仲介手数料を、オーナーからは広告料を受領しています。仲介サービス提供エリア(goodroomサイト展開エリア)については、日本の主要都市を網羅することを目的として、札幌、関東、名古屋、関西、広島、福岡をカバーしております。不動産仲介ビジネスでは、掲載物件の紹介、ネットに問い合わせのあったお客様に対する物件の案内、契約前の重要事項説明、契約行為及びそれに付随するサービスの紹介などを行っております。また仲介を行う対象物件はハプティック株式会社が施工したTOMOSブランドの物件以外も含みます。TOMOSブランドについては工事中の入居申込率65%となっております。(2020年3月期 社内実績データ) ③ オペレーションビジネス(ハプティック株式会社)シェアオフィス、サービスアパートメント(注)の運営を行っております。シェアオフィスはオフィス向けのリノベーションパッケージにて施工した物件をオーナーより一括で借り受け、リーシングするビジネスです。2020年3月31日時点で六本木(東京)、薬院(福岡)、呉服町(福岡)、本町(大阪)、有楽町、日比谷(東京)の5拠点でシェアオフィスを開設しております。サービスアパートメントはオーナーとの間でTOMOSリノベーションを実施した賃貸物件に限定して一括で借り上げると共に家具などを設置して付加価値をつけた上で仲介サイト「goodroom」等を通じて入居者の募集を行い入居者より賃料収入を得るリーシングのビジネスです。2020年3月31日時点で恵比寿、白金台、要町、日本橋、銀座の5拠点が稼働しております。(注)サービスアパートメント:家具家電の他、食器や寝具などの生活必需品まで揃えている賃貸借契約の物件。 ④ メディアビジネス(グッドルーム株式会社)グッドルーム株式会社では、ハプティック株式会社が提供するリノベーションパッケージ「TOMOS」を主要物件として取り扱う他、グッドルーム株式会社が独自に定めた掲載基準に基づき選択した物件を取り扱う賃貸住宅不動産仲介サイト「goodroom」を運営しており、MAU(注1)は、2018年3月31日時点で約47万人、2019年3月31日時点で約67万人、2020年3月31日時点で約96万人となっております。またアプリダウンロード(DL)数は、2020年3月31日時点で約144万DLとなっております。当該不動産仲介サイトは、ユーザーには無料で提供し、管理会社からは管理物件を掲載してもらい、送客することで手数料として反響課金(注2)を得ております。2018年6月には、goodroomプラットフォームの一部となるコノミーオンラインのサービスを開始しております。 現状のサービスとその他の特徴は次の通りです。
サービス
その他の特徴
goodroom仲介サイト
・管理会社のシステムと直接連動させることでリアルタイムの募集状況の提示を可能とした即時内覧可能なサービスの提供・専属のライターによる物件の取材やVR撮影(注3)を活用した物件コンテンツ(「TOMOS」は無料、他は有料)
コノミーオンライン(Conomy)
・今まで電話やFAX、紙で行っていた手間のかかる様々な不動産賃貸に関わる手続きが、スマートフォンやタブレットを使用したオンラインで申込できるサービス(管理会社からサービス利用料を徴収)

(注1)MAU:「Monthly Active Users」の略。ソーシャルアプリなどで実際の利用者数を示す値として使われる指標であり、月当たりのアクティブユーザー数を示します。(注2)反響課金:goodroomサイトを通じて契約済み管理会社の物件に対して内覧申込みがあった時、1件当たりの決定された金額を請求する課金方式。ほかに、賃貸契約が成立した時に課金する成約課金があります。(注3)VR撮影:VRはバーチャル・リアリティの略であり、VR撮影はgoodroomサイトで取り扱う賃貸物件を3次元、360度で見せることができる手法。内覧の代わりになることを目指しています。 [事業系統図]以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。図中では、略称(gooddaysホールディングス㈱:G/D/H、オープンリソース㈱:ORC、ハプティック㈱:HAPTIC、グッドルーム㈱):goodroom)を使い記載をしております。 <G/D/H>
<ITセグメント>
<暮らしTechセグメント>・ リノベーションビジネス(ハプティック株式会社)
・ 不動産仲介ビジネス(ハプティック株式会社)・ メディアビジネス(グッドルーム株式会社)
・ オペレーションビジネス(ハプティック株式会社)

(図は省略)