3995 SKIYAKI Inc.株式会社SKIYAKI(カブシキガイシャスキヤキ)

基本情報 (Basic information)

証券コード 3995
会社名 株式会社SKIYAKI
会社名(英字) SKIYAKI Inc.
会社名(ヨミ) カブシキガイシャスキヤキ
所在地 渋谷区道玄坂1丁目14番6号
業種 情報・通信業
者法人番号 1011001059701
連結の有無
資本金(百万円) 557
決算日 1月31日
上場区分 上場

業績 (Business Result)

売上高 (Net sales)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 3,688,590,000 4,899,030,000
2019 3,098,800,000 4,084,070,000
2018 2,472,580,000 2,487,540,000

経常利益 (Ordinary profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 201,566,000 25,136,000
2019 191,338,000 172,059,000
2018 223,119,000 216,715,000

当期純利益 (Profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -210,832,000
2019 78,680,000
2018 184,612,000

当期純利益 (Profit (loss) attributable to owners of parent)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -225,312,000
2019 79,950,000
2018 181,721,000

包括利益 (Comprehensive income)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -243,933,000
2019 74,539,000
2018 178,143,000

純資産額 (Net assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 1,005,760,000 1,018,620,000
2019 1,201,250,000 1,225,770,000
2018 1,152,090,000 1,160,470,000

総資産額 (Total assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 2,958,480,000 3,140,970,000
2019 2,846,020,000 3,062,050,000
2018 2,898,730,000 2,911,960,000

現金及び現金同等物の残高 (Cash and cash equivalents)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 1,600,090,000
2019 1,555,260,000
2018 1,948,640,000

自己資本比率 (Equity-to-asset ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 0.34 0.315
2019 0.422 0.391
2018 0.397 0.396

資本金 (Share capital)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 577,591,000
2019 554,267,000
2018 553,267,000

発行済株式総数 (Total number of issued shares)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 10,687,000
2019 10,427,000
2018 2,078,400

従業員数 (Number of employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 73 91
2019 62 77
2018 50 52

平均臨時雇用人員 (Average number of temporary employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 9 10
2019 12 13
2018 10 10

営業活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) operating activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 278,150,000
2019 -138,173,000
2018 721,833,000

投資活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) investing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -223,147,000
2019 -219,108,000
2018 -102,679,000

財務活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) financing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -9,167,000
2019 -35,949,000
2018 688,519,000

株価収益率(PER) (Price-earnings ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 74.34 73.08
2018 63.86 64.88

自己資本利益率(ROE) (Rate of return on equity)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.067 0.068
2018 0.261 0.256

配当性向 (Payout ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.397
2018 0.155

1株当たり配当額 (Dividend paid per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 3
2018 15

1株当たり当期純利益 (Basic earnings (loss) per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 -19.96 -21.33
2019 7.56 7.69
2018 96.77 95.26

1株当たり当期純利益(希薄化後) (Diluted earnings per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 7.37 7.49
2018 96.55 95.03

1株当たり純資産額 (Net assets per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2020 94.11 92.66
2019 115.21 114.7
2018 554.32 554.62

大株主 (Major shareholders)

2020

保有数 保有率 名前 住所
3,655,000 0.342 カルチュア・エンタテインメント株式会社 東京都渋谷区南平台町16-17
1,002,000 0.0938 株式会社Ararik 東京都渋谷区代官山町17-1
522,000 0.0488 本多 智洋 兵庫県神戸市中央区
517,000 0.0484 宮瀬 卓也 東京都渋谷区
363,000 0.0341

J.P. Morgan Securities plc

(常任代理人 JPモルガン証券株式会社)

25 Bank Street Canary Wharf London UK

(東京都千代田区丸の内2-7-3)

221,000 0.0207

BNY GCM CLIENT ACCOUNT JPRD AC ISG (FE-AC)

(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)

PETERBOROUGH COURT 133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB UK

(東京都千代田区丸の内2-7-1)

140,000 0.0131 豊田 洋輔 東京都千代田区
125,000 0.0117 株式会社portas 東京都目黒区東山3-1-4-301
91,000 0.0086 高山 義雄 東京都新宿区
90,000 0.0084 楽天証券株式会社 東京都世田谷区玉川1-14-1

2019

保有数 保有率 名前 住所
4,424,000 0.4243 カルチュア・エンタテインメント株式会社 東京都渋谷区南平台町16-17
1,030,000 0.0987 株式会社Ararik 東京都渋谷区代官山町17-1
487,000 0.0467 本多 智洋 兵庫県神戸市中央区
450,000 0.0431 宮瀬 卓也 東京都渋谷区
181,000 0.0174 松井証券株式会社 東京都千代田区麴町1-4
173,000 0.0166

GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL

(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)

133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB U.K.(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー)
150,000 0.0143 松嶋 良治 東京都渋谷区
140,000 0.0134 豊田 洋輔 東京都千代田区
140,000 0.0134 株式会社portas 東京都目黒区東山3-1-4-301
100,000 0.0095 戸﨑 勝弘 東京都目黒区

2018

保有数 保有率 名前 住所
966,000 0.4647 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 大阪府枚方市岡東町12-2
210,000 0.101 株式会社Ararik 東京都渋谷区代官山町17-1
97,000 0.0469 本多 智洋 兵庫県神戸市中央区
90,000 0.0433 宮瀬 卓也 東京都渋谷区
39,000 0.0187 株式会社SBI証券 東京都港区六本木1-6-1
34,000 0.0163

GOLDMAN SACHS INTERNATIONAL

(常任代理人 ゴールドマン・サックス証券株式会社)

133 FLEET STREET LONDON EC4A 2BB U.K.

(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー)

30,000 0.0144 豊田 洋輔 東京都千代田区
30,000 0.0144 松嶋 良治 東京都渋谷区
30,000 0.0144 株式会社portas 東京都目黒区東山3-1-4-301
25,000 0.012 戸﨑 勝弘 東京都目黒区

事業内容 (Description of business)


3【事業の内容】
当社グループは、当社及び連結子会社6社(㈱ロックガレージ、㈱SKIYAKI LIVE PRODUCTION、㈱SKIYAKI APPS、㈱SEA Global、SKIYAKI 65 Pte. Ltd.及びSKIYAKI 82 Inc.)、持分法適用会社4社(Remember㈱、㈱3DAY、㈱コンテンツレンジ及びディグ㈱)により構成されております。また、当社グループは、当社のその他の関連会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱の企業グループ(以下「CCCグループ」という。)に属しております。
当社グループでは、これからの時代には、人間が最も力を発揮できる「創造・遊び」の領域における革命的な変化が人々から求められると考えており、「創造革命で世界中の人々を幸せに」という企業理念を掲げております。
「創造革命」の担い手であるアーティストやクリエイターは、音楽・漫画・アニメ・映画・舞台・アートなどのエンタテインメント領域で活動を行っている一方で、その創造的な活動を行う人やコンテンツには、応援し支える「ファン」の存在が不可欠です。これらのファンのためのサービスをテクノロジーによって実現し、新しいマーケットを創造する取り組みを、Fan × Technology = “FanTech”と定義し、当社グループの事業領域としております。
各事業の具体的な内容は、次のとおりであります。

<当社グループの事業について>

(1)プラットフォーム事業
① ワンストップ・ソリューションプラットフォーム「bitfan Pro」
当社ではこれまで、日本国内における音楽産業の収益構造の変化にいち早く着目し、今後、「ファンクラブ」、「グッズ」、「チケット」の3つがアーティスト活動を支える主要な収益源になると捉え、それらの関連機能をワンストップに提供するソリューションプラットフォーム「bitfan Pro」(旧名称「SKIYAKI EXTRA」)を開発・提供して参りました。
現在では、音楽業界にとどまらず、漫画やアニメ、2.5次元ミュージカル(※1)、俳優、声優、プロスポーツチーム等の多様なジャンルへのプラットフォーム提供が進んでおります。
2020年1月末現在、「bitfan Pro」を利用して運営されているファンクラブサービス、アーティストグッズ等のECサービス及びクラウドファンディング等のその他サービス数は、685サービス(前連結会計年度末比23.6%増加)であり、総登録会員数は309.8万人(前連結会計年度末比34.2%増加)となっております。
効率化されたプラットフォームをすべて社内にて開発・運用しており、当該プラットフォーム上で展開される各サイトの制作をスピーディに行える体制を構築しているため、基本的に、初期開発費用、デザイン費用及び運用固定費用等を発生させずに、新規サイト開設が可能となっております。また、サイト開設以降にサイトから発生する収益を、あらかじめ定めた料率で分配するレベニューシェア方式を採用しており、「bitfan Pro」の導入のしやすさや、ファン増加に向けたパートナーとしてのポジションの確立に繋がっております。
「bitfan Pro」では、主にファンクラブ・ファンサイト(以下「FC」という。)サービス、アーティストグッズ等のEC(以下「EC」という。)サービス及び電子チケットサービス(以下「SKIYAKI TICKET」という。)等による収入を売上高に計上しております。

(事業系統図)
a. FCサービス
FCサービスは、主に音楽系アーティストや声優、アニメ、2.5次元ミュージカルに関するオフィシャルコンテンツの配信や、ライブ・イベントへの会員先行チケット販売等が可能なシステムの提供及びサイト運営を行っております。コンテンツ例としては、ニュース、プロフィール、ディスコグラフィ等の基本情報や、画像、動画、ブログ、チケット先行販売、限定グッズ販売、イベント参加などがあり、それぞれのコンテンツは公開制限(無料会員向け/有料会員向け)を管理画面で設定することが可能です。
FCサービス利用者であるファンは、携帯電話端末及びPCより各サイトへアクセスし、各種コンテンツ・サービスを受けられます。また、有料会員限定のコンテンツ・サービスの利用には、事前の有料会員登録が必要となります。課金方法としては、㈱NTTドコモ(提供する携帯電話端末向けサービスの名称:NTT docomo、以下、各社同様)、KDDI㈱(au)及びソフトバンク㈱(SoftBank)といったキャリア各社が提供する決済サービスや、クレジットカード決済及びコンビニ決済(一部月額FCサービスを除く。)等の多様な決済手段を提供しております。

b. ECサービス
ECサービスは、いわゆるインターネットを利用した通信販売サービスの一種で、エンドユーザーからの注文が入った後に、代金決済、商品の配送を行うサービスです。主に音楽系アーティストや声優、アニメ、2.5次元サービスに関するグッズ、CD、DVD等の販売が可能なシステムの提供及びサイト運営を行っております。
ECサービスを利用するファンは、携帯電話端末及びPCより各ECサイトへアクセスし、商品を購入します。同一のアーティストで既に当社で運営するFCサービスが存在し、会員登録を行っている場合は、別途会員登録する必要なくスムーズに購入手続きを進めることが可能となっております。当社のECサービスは、ECサイトのシステム開発やデザイン制作だけでなく、倉庫管理、物流、顧客対応、マーケティングなども含んだワンストッププラットフォームとなっております。また、FC会員限定の商品販売や、事前予約販売、オリジナル特典の封入などオフィシャルECサイトにおいて求められる様々な販売方法に柔軟に対応しております。さらに、海外のファンからの注文・発送にも対応しており、PayPal、Alipay、銀聯カード等の幅広い決済手段を提供しております。

c. 独自認証電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」
当社グループは、エンタテインメント領域におけるコンサート・イベント等のチケットの不正転売問題が叫ばれる中、本当にコンサート・イベント等に参加したいファンがチケットを入手しづらいという現状の課題を解決すべく、独自認証方式の電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」を開発・提供しております。
「SKIYAKI TICKET」では、電子チケットの販売管理システム、及び入場時にチケット券面を携帯電子端末に表示する専用アプリ、並びにチケット券面を携帯電子端末で読み取る専用アプリを提供しております。コンサート・イベント等に参加したいファンは、コンサート・イベント等の電子チケットを「SKIYAKI TICKET」にて購入後、専用アプリ上に表示されるQRコード(※2)を、会場に設置されたリーダーアプリにかざすだけでチケットの認証を受け、コンサート・イベント等に参加できます。
チケット券面表示アプリに表示されるQRコードは、30秒ごとに自動更新されます。認証情報を管理し読み取り用アプリに送信するサーバ側でも同じ頻度で情報が更新され、最新のQRコードでのみ認証が成立し入場できる、「ワンタイムQRコード認証」を独自に開発・搭載しております(特許取得済み:特許6573847)。これにより、チケット券面に表示されるQRコードの画像をコピーしての不正入場を防ぐことが可能となっております。また、チケットの不正転売抑止のために、サービス利用時には、SMS(※3)による電話番号認証を必須としております。
さらに、「SKIYAKI TICKET」での電子チケット購入者がコンサート・イベント等に参加できなくなった際に、他のチケット購入希望者へチケットを利用する権利を移転できる、公式の二次流通マーケットを提供しております。

② CtoC型オープンモデルファンプラットフォーム「bitfan」
「bitfan」は、誰でも無料でファンマーケティングに必要なサービスを利用できる、CtoC型のオープンモデルファンプラットフォームです。月額会費制のファンクラブを開設できる「Fanclub機能」、無料でECサイトを開設できる「Store機能」、bitfanポイントのトレードができる「Trade機能」、応援したい相手に気持ちを送ることができる「Tip機能」、電子チケットの販売・購入ができる「bitfan PASS」など、アーティストとファンをつなぐ多くの機能を備えており、より多くのアーティスト・クリエイターの方やファンの方にご利用いただくために、「bitfan Pro」とは異なるオープンモデルによるサービス展開を行っております。

③ オンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOODS」
「SKIYAKI GOODS」は、イラストや写真などの画像データをアップロードするだけでオリジナルグッズを作成・販売できるサービスです。商品在庫を持たず、オンラインでの受注が発生した後に、各アイテム素材にデザインのプリントを施し商品発送を行います。
そのため、グッズの販売者は誰でも、在庫リスクなく一点から自分がデザインしたイラストや写真をグッズにして販売することができます。サービス利用は無料であり、初期投資・サイト運営費等の負担もありません。デザインの販売価格を自由に設定していただくことが可能で、商品が購入された際にデザインの設定価格分の収益を得ることができます。
グッズの購入者は、アップロードされているデザインとアイテムを選び、デザインのサイズや配置を自由に設定した上で、オリジナルグッズの購入ができます。

④ スマートフォン決済サービス「SKIYAKI PAY」
「SKIYAKI PAY」は、カメラでQRコードを読み取るだけで、キャッシュレスで決済ができる、スマートフォン向け決済サービスです。クレジットカード情報をあらかじめアプリに登録することで、購入時は各商品に紐づけられたQRコード、あるいはSKIYAKI PAYの管理者向けレジ画面に表示されたQRコードを読み取るだけで決済が完了します。ライブイベントなど、 SKIYAKIとシナジーのあるイベントの物販での使用を想定しております。
ユーザーにとってのメリットは、イベントで現金を持ち歩く必要がなくなる、購入時のやり取りがスムーズになり混雑緩和につながる、購入履歴を確認することができるなどがあります。販売者にとっても、在庫管理のシステム化ができ、在庫管理の負担を軽減することができます。商品に添付したQRコードを読み取ってもらうことで決済を行う「レジなし決済」と、SKIYAKI PAYの管理画面のレジ機能を使って商品を選び、表示されるQRコードを読み取ってもらうことで、複数の商品の同時購入と現金での決済にも対応した「レジあり決済」の2パターンがあります。
また、購入データをbitfanに紐付けることもできるため、現地での購入を促し、購入者であるユーザーの属性に基づくマーケティングデータの取得にもつながります。

(2)ライブ制作事業
2018年5月に、㈱MSエンタテインメント・プランニングの議決権の90.9%を取得し、当社グループにおけるライブ制作機能を強化するとともに、2018年10月1日付で商号を「㈱SKIYAKI LIVE PRODUCTION」に変更しました。
ライブ制作事業は、日本の音楽シーンを代表する数々の著名なアーティストのコンサート・イベント制作を中心に行っており、当社グループが展開するプラットフォーム事業との親和性が非常に高く、当社グループがすでにサービスを提供している多くのアーティストに対して、ファンクラブ・ファンサイト、アーティストグッズ等のEC、電子チケット及びスマートフォン決済サービス等の既存サービスに加えて、ライブ・コンサート制作を一気通貫で提供することで、より多面的かつ複合的なサービスの提供を可能にしております。

(事業系統図)


(3)O2O事業
連結子会社である㈱SKIYAKI APPSにおいて、O2O(インターネットなどのオンラインから、店舗などのオフラインへ消費者を呼び込むための施策であり、「Online to Offline」の略称。)ファンプラットフォームの開発・運営を行っております。なお、当連結会計年度から、「その他事業」に含まれていた「O2O事業」について量的な重要性が増したため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。また、前連結会計年度のセグメント情報は、当連結会計年度の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開示しております。
「LiveFans(ライブファンズ)」は、ライブを軸にアーティストとファンを繋ぐ、国内最大級の音楽ライブ情報サービスです。過去60年分にわたる70万件超の公演情報と25万件にのぼるセットリスト、レビューをファンが作り上げていくユーザー投稿型サイトであり、サービス規模としては月間1,000万PV超、150万UU超を誇る日々成長中のメディアであります。
「AMIPLE(アミプル)」は、自分の趣味嗜好をベースに、イベントに行く仲間を簡単に探すことができるSNSサービスです。友達累計数47万人を記録し、業界最大級のサービスとなりました。今後は、ライブ・イベントデータ、アーティストデータ、セットリストデータ、ファンの趣味・嗜好・行動データを組み合わせていくことでファンの熱量を更に高めていくきっかけを作り出し、アーティストとファンのニーズに応える様々な事業の創出を行って参ります。
「ecle(えくる)」は、街コンをはじめとするリアル交流イベントを首都圏を中心に年間約500イベントを開催するイベントサービスであり、会員数2.2万人、累計開催イベント数6,000回、累計参加人数35万人と、事業規模を順調に成長させております。

(4)その他事業
① 旅行・ツアー事業
連結子会社である㈱ロックガレージにおいて、旅行・ツアー事業である「G TRAVEL」を展開しております。主に、「bitfan Pro」にてFCを運営しているアーティストのファンクラブツアーや、ライブ・イベント参加ツアー等の企画・販売・運営を行っており、これまでに国内はもちろん、海外ツアーの催行実績もあります。

② スポーツマーケティング事業
連結子会社である㈱SEA Globalにおいて、企業等に対するコンサルティングやメディアの企画運営等を中心としたスポーツマーケティング事業を行っております。今後、スポーツ領域における「bitfan Pro」の導入や当社プラットフォームの提供を加速するため、両社が緊密に連携した営業活動を行って参ります。

③ 海外におけるプラットフォーム事業
2019年12月に子会社化した在外子会社2社において、当社プラットフォーム事業の海外展開を行って参ります。
SKIYAKI 65 Pte. Ltd.においては、シンガポールにおける当社プラットフォームのプロモーションや、現地アーティスト・インフルエンサー及び現地ファンに対するサービス提供を、SKIYAKI 82 Inc.においては、韓国における当社プラットフォームの導入促進に加え、自社メディアのマネジメント及びeコマース運営事業を行っております。
今後、海外においてオープンプラットフォーム「bitfan」の提供を加速するため、当社と各連結子会社が連携しながら積極的な営業活動を行っていく方針です。

④ クラウドエージェントサービス
持分法適用会社であるRemember㈱において、プロ・アマ問わず、SNSなどで活躍するモデル・インフルエンサーに対し、個人や企業がクラウドから直接依頼できるキャスティングサービス「REMEMBER」を展開しております。モデル選定、条件や日程調整、報酬の支払まですべてWeb上で完結し、より簡単に適正な価格でキャスティングすることができます。2017年のローンチ以降、登録者数は順調に増加しており、ポートレート撮影から広告モデル、雑誌モデル、MV出演など幅広いキャスティングにご利用いただいております。

⑤ ペット関連事業
持分法適用会社である㈱3DAY(旧㈱ピーリンク)において、ペット関連事業を行っております。同社が運営するペットのタレント事務所「anicas」では、60頭を超えるペットタレントのマネジメントを行っており、CMや雑誌、テレビ番組の出演など多方面で活躍しております。また同社が運営するペット飼育者向けサービス「3DAY」では、約13,000名のペットの飼育者が登録しており、ペット関連の商品やサービスを取り扱う企業からサンプリングやモニター募集、アンケート収集など幅広くご利用いただいております。

⑥ 韓流コンテンツ関連事業
持分法適用会社である㈱コンテンツレンジにおいて、韓流コンテンツ関連事業を行っております。具体的には、同社が持つ韓国エンタテインメント業界との強固なパイプを活かし、同社から当社への韓国人アーティストのファンクラブ等の案件紹介や、韓国人アーティストの日本におけるコンサート・イベント制作支援等のビジネスを行っております。

⑦ 人材紹介・就活支援事業
持分法適用会社であるディグ㈱において、人材紹介・就活支援事業を行っております。具体的には、中途採用における人材紹介及び就活支援サービス、アルバイト求人メディア「Crumi」の運営、自社情報メディア「Kichonavi(キチョナビ)」の運営を行うとともに、人材マーケットにおいて新たな付加価値を提供するための自社プラットフォーム開発にも力を入れております。また、当社及び当社の韓国における連結子会社であるSKIYAKI 82 Inc.と連携し、アジアにおける優秀な人材の発掘及び紹介等にも着手しております。

<当社グループの特徴及び強み>

当社グループの主な特徴及び強みは、以下のとおりです。
(1)プラットフォームの開発力とノウハウ
当社グループで提供するプラットフォームは、高い専門性を有した人材の確保に努めながら、企画、開発、サイト運営及びサポートに至るすべてのプロセスを当社グループで一貫して行う体制を整え、ノウハウを蓄積して参りました。また、単一のプラットフォーム上で各種サービスを展開しているため、各サイトの運用から得られる改善点を迅速にシステムに反映することで、サービス全体のクオリティを高めていくことが可能となっております。

(2)サイト制作スピードと運用体制
効率化されたプラットフォーム及び業務フローにより、非常に短期間で多数のFCサービス、ECサービスのリリースが可能であり、年間150以上のサービス(オフィシャルサイト、ファンクラブ・ファンサイト、ECサイト等)リリース実績があります。また、サイトの運用は、専門知識を備えたIT業界、音楽・エンタテインメント業界の経験者が担当しており、パートナー企業・アーティストとコミュニケーションを図りながら、ファンに向けたサービス提供を行う体制を構築しております。

(3)戦略的パートナーシップ
当社グループは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱(以下「CCC」という。)と、2014年2月に、CCCの会員基盤やTSUTAYAなどの事業基盤を活用したファンクラブ・ファンサイト事業の本格展開に向けた資本・業務提携を行っており、CCCグループ(※4)に属しております。
CCCグループであり、その他の関係会社であるカルチュア・エンタテインメント㈱との共同サービスとして「T-FAN(Tファン)」を提供しております。これは、T会員の皆様の興味・関心が高いコンテンツをお一人おひとりへ提供することで、新しいライフスタイルの提案を目指す有料の会員制サービスです。「T-FAN」では、エンターテイメント系や、ライフスタイル系のジャンルに関連したオリジナルのコンテンツやサービス、イベント情報の配信、登録者限定の商品やイベントチケットの特別販売、オリジナルデザインTカードの発行などを行っていきます。
また、㈱3DAYとのペット関連事業に関する取り組みや㈱SEA Globalとのスポーツ領域における取り組みなど、音楽業界にとどまらない分野へのサービス展開を積極的に行っております。

(※1)「2.5次元ミュージカル」とは、2次元の漫画・アニメ・ゲームを原作とする3次元の舞台コンテンツの総称を指します。
(※2)「QRコード」は㈱デンソーウェーブの登録商標です。
(※3)「SMS」とは、ショートメッセージサービスの略で、電話番号のみで70文字前後のテキストメッセージを送受信できるサービスのことを指します。
(※4)当社のその他の関係会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱を中心とするCCCグループは、「『カルチュア・インフラ』を、つくっていくカンパニー。」をブランド・ステートメントとして掲げ、書店事業を中心としたエンタテインメント事業、Tポイントを中心としたデータベース・マーケティング事業のほか数々のネットサービスや新たなプラットフォームサービスを企画し、それらのプラットフォームを通じて新しいライフスタイルの提案を行うこと」を事業としています。なお、カルチュア・コンビニエンス・クラブ㈱及びカルチュア・エンタテインメント㈱は証券取引所に上場しておらず、有価証券報告書を作成しておりません。