1449 fuji japan co. ltd.株式会社fujiジャパン(カブシキガイシャフジジャパン)

基本情報 (Basic information)

証券コード 1449
会社名 株式会社FUJIジャパン
会社名(英字) FUJI JAPAN CO. LTD.
会社名(ヨミ) カブシキガイシャフジジャパン
所在地 札幌市中央区大通東四丁目4番地18
業種 建設業
者法人番号 9430001030028
連結の有無
資本金(百万円) 45
決算日 12月末日
上場区分 上場

業績 (Business Result)

売上高 (Net sales)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 1,507,870,000
2018 1,322,590,000

経常利益 (Ordinary profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 86,992,000
2018 54,095,000

当期純利益 (Profit (loss))

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 60,541,000
2018 50,563,000

純資産額 (Net assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 293,009,000
2018 232,467,000

総資産額 (Total assets)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 572,847,000
2018 487,955,000

現金及び現金同等物の残高 (Cash and cash equivalents)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 174,187,000
2018 136,748,000

自己資本比率 (Equity-to-asset ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.511
2018 0.476

資本金 (Share capital)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 65,424,000
2018 65,424,000

発行済株式総数 (Total number of issued shares)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 2,130,000
2018 710,000

従業員数 (Number of employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 64
2018 54

平均臨時雇用人員 (Average number of temporary employees)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 3

営業活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) operating activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 69,026,000
2018 21,889,000

投資活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) investing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 -11,113,000
2018 28,458,000

財務活動によるキャッシュ・フロー (Net cash provided by (used in) financing activities)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 -20,475,000
2018 -201,000

株価収益率(PER) (Price-earnings ratio)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 23.12
2018 7.74

自己資本利益率(ROE) (Rate of return on equity)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 0.23
2018 0.271

1株当たり当期純利益 (Basic earnings (loss) per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 28.42
2018 77.4

1株当たり純資産額 (Net assets per share)

単体 (Non-consolidated) 連結 (Consolidated)
2019 137.56
2018 327.42

大株主 (Major shareholders)

2019

保有数 保有率 名前 住所
1,650,000 0.7746 佐々木 忠幸 札幌市手稲区
70,000 0.0332 須田 忠雄 群馬県桐生市
63,000 0.0295 FUJIジャパン従業員持株会 札幌市中央区大通東四丁目4-18
35,000 0.0167 松井証券株式会社 東京都千代田区麹町1丁目4番地
30,000 0.014 樋口 俊一 札幌市白石区
30,000 0.014 佐賀 一郎 仙台市若林区
16,000 0.0075 金澤 茂 長野県佐久市
15,000 0.007 清武 秀男 広島市中区
14,000 0.0065 深井 大 福岡市早良区
10,000 0.005 渡辺 展規 大阪市東住吉区

2018

保有数 保有率 名前 住所
550,000 0.7746 佐々木 忠幸 札幌市手稲区
21,000 0.0296 FUJIジャパン従業員持株会 札幌市中央区大通東四丁目4-18
10,000 0.0141 樋口 俊一 札幌市白石区
10,000 0.0141 佐賀 一郎 仙台市若林区
5,000 0.007 清武 秀男 広島市中区
4,000 0.0065 株式会社SBI証券 東京都港区六本木1丁目6-1
4,000 0.0056 三輪 洋照 東京都渋谷区
3,000 0.0042 大内 宏 札幌市清田区
3,000 0.0042 黒川 明則 札幌市中央区
3,000 0.0042 土谷 和博 東京都台東区

事業内容 (Description of business)


3【事業の内容】
当社は、企画提案から施工、メンテナンスまで一貫した、外壁リフォーム工事の販売並びに施工を目的とし北海道でスタートしました。主たる事業は外壁リフォーム工事であり、寒冷地である北海道で実績を積み上げ東北・関東まで事業エリアを拡げております。
また、外壁リフォーム工事以外にエクステリア及び水廻り等のリフォーム工事を行うその他リフォーム工事があります。
外壁リフォーム工事の際に使用する建材は、OEM(注1)先製造会社と協力して開発した当社オリジナルの外壁材・施工資材であります。これらの当社オリジナル外壁材・施工資材等は耐久性、耐熱性、防汚性等を備えており、外壁リフォーム工事で使用することに留まらず、当社が直接工務店等に卸販売する材料販売でも使用します。
当社の各事業の概要は、次のとおりであります。各事業区分は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一の区分であります。
<外壁リフォーム工事>
外壁リフォーム工事は、当社のオリジナル外壁材「ハッピーエンドシリーズ」を使った外壁リフォームの提案、施工、メンテナンスを行っております。
「ハッピーエンドシリーズ」の外壁材は耐久性、断熱性等の外壁材に求められる機能を追求したものとなっております。また施工に関しては、寒さの厳しい寒冷地において10年以上にわたる施工実績に裏付けされた技術力を有しております。
オリジナル外壁材の多くは、ガルバリウム鋼板(注2)という金属を使用した金属サイディング(注3)であり、その特性として、1.美観性、2.経済性、3.施工性、4.耐久性、5.耐震性、6.断熱性、7.防水性、8.防火性に優れている(注4)と言われております。その中でも、当社のオリジナル外壁材には、「フルフッ素樹脂塗装」(注5)を使用した耐久性を備えた製品や、「インクジェット3D印刷」(注6)で表現した重厚感のある外観を「セルフクリーン機能」(注7)によって汚れを防ぎ、美しい外観を永く保つことができる製品等があります。また、金属サイディングの他にも、タイルを1枚1枚貼り合わせた重厚感のある趣の「乾式タイル」(注8)など、耐久性を備えたものを取り揃えております。
また、当社の施工体制については、指定工事店に対する外注によって対応しております。当社が外注する指定工事店の開拓にあたっては、外壁リフォーム工事の施工実績や一定の技術水準、顧客満足度に対する高い意識など、当社が定める基準を満たした工事店に限定しており、2019年12月末現在、34社となっております。また、取引開始後も施工方法の改善、現場CS(顧客満足度)ルールの周知・徹底に取り組み、施工に関するお客様からのアンケート内容を指定工事店にフィードバックするなどサービス及び技術向上にも取り組んでおります。
(注1) OEMとは、Original Equipment Manufacturerの略。納入先(委託者)商標による受託製造であります。
(注2) 「ガルバリウム鋼板」とは、アルミ亜鉛合金メッキ鋼板(アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%)と言われ、米国での使用実績と促進試験結果からZ27亜鉛鉄板の3~6倍の耐久力と熱反射性が確認されております。
(注3) 「金属サイディング」とは、柄付けされた金属板と断熱効果のある裏打材によって構成された外壁材であり、表面材には塗装ガルバリウム鋼板、塗装溶融亜鉛メッキ鋼板、アルミニウム合金塗装板、塗装ステンレス鋼板のいずれかの塗装金属板が使用されております。
(注4) これら特性は、日本金属サイディング工業会によります。
(注5) 「フルフッ素樹脂塗装」とは、金属サイディングの「フルフッ素シリーズ」製品で使用しており、耐候性抜群の塗装原料、フッ素樹脂の含有量を極限の70%まで高めることで、外壁の耐久性が高まり自然劣化を軽減する塗装であります。
(注6) 「インクジェット3D印刷」とは、金属サイディングの「レジェンドシリーズ」製品で使用しており、3Dアートの画像処理技術を取り入れたインクジェット印刷塗装のデザインによって、外壁に意匠性を持たせ、重量感のある外観を演出する印刷技術であります。
(注7) 「セルフクリーン機能」とは、汚れを防ぐ親水性の特殊クリア塗装の効果で、サイディング表面に付着した汚れを雨水によって洗い流し、美しい外観を永く保ちます。
(注8) 「乾式タイル」とは、金属サイディングと同様の下地の断熱プレートにタイルをひっ掛けてボンドで接着する乾式工法で、タイルを一枚一枚手作業で貼り合せることにより、外壁全体が趣のある外観となります。下地の断熱プレートの効果で室内の温度を一定に保ち、耐食性も高まります。また取り付けが容易で優れた施工性を発揮します。

外壁リフォーム工事の営業方法としては、当社営業部が各支店において直販営業を行っております。当社のアポインターがお客様宅を一軒一軒戸別訪問し、訪問の趣旨を伝え商談時間の設定を行います。設定された日時にアポインターと共に地区責任者がお客様宅へお伺いし、材料説明と商談を行います。なお、材料説明と商談の際は、塗装などの従来の外壁メンテナンスとの違い、オリジナル外壁材の施工方法等を写真資料や材料サンプルを用いて、丁寧に解りやすく説明します。
その後、商談が成立となり外壁リフォーム工事を着工したタイミングで、施工現場を中心とした現場周辺の住宅に再度営業を行い、オリジナル外壁材の拡販を行ってまいります。
各支店は、このような現場作りを、現場周期や季節性などを考慮して行い、担当地区を周期的に網羅してまいります。

<その他リフォーム工事>
その他リフォーム工事は、一般住宅に対して、外壁以外の塗装やエクステリア、内装工事などの総合的なリフォーム工事を行う事業であります。
既に外壁リフォーム工事を施工させていただいたお客様に対し、当社施工管理担当者が塗装やエクステリア、水廻りなどといったリフォーム工事を提案し、下請け工事店が施工しております。また工務店やハウスメーカーなどからリフォーム工事を請負い、一般住宅に施工する業務も行っております。
主な工事内容は、防水塗り壁材「ラコスタ」を使用して施工した塗り壁工事などを中心としたエクステリア工事となっております。
防水塗り壁材「ラコスタ」は、風力や地震など建物の動きに対応し、ひび割れを防ぎます。防寒性、防水性を備えており、冬場に施工することも可能な製品であります。

<材料販売>
材料販売は、当社がOEM先製造会社と協力して開発した当社オリジナルの外壁材・施工資材等を直接、工務店などの法人に対して卸販売をしております。

[事業系統図]